このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームについて学ぶ

「好きなものは長く大切に使用したい」また「長く愛用してきたものは大切にしたい」という気持ちは、何にでもいえることかも知れません。
当然、たくさんの想い出の詰まった我が家にもいえることです。
ですから、「建て替えはしたくないけれど、生活に困る部分を何とか改善した」「まだ使用が可能でもったいないけど快適にしたい」と悩むこともあるでしょう。
そんな思いを実現してより快適な生活にするのが「リフォーム」です。
リフォームとは、住宅内外の改築や改装を指す和製英語で、本来の住宅リフォームに相当するのは「Renovation」です。
ただ英語の「reform」には、「改心する・改正する」などの意味があり、さらに広く「作り直す」という意味もあるため使われているようです。
ですから、業者には「家を作り直す」との意味を込めて「リホーム(ReHome)」といっているところもあるようです。
リフォームの主なものとしては、雨漏りの修繕・外壁の取り替え・住宅設備の取り替えや補修などがあります。
また、現在の住宅の床面積を増やす「増築」や、間取りを変える「改築」などもあります。
省エネルギー性能の強化や耐震性の強化、バリアフリー対応化やオール電化なども該当してきます。
このように、長く愛用したための修理や交換、家族構成やライフスタイルの変化による増築・改築、バリアフリー改修や断熱改修など目的による工事があるのです。
ただ、「希望を満たすためにはどんな工事が必要なのか?」「現状などを考えて本当に必要なのか?」「予算金額は?」など、分からないことや不安なこともあるでしょう。
そんな疑問や不安を解消するためにも、様々な情報を活用して学ぶことも必要です。
また、一時期ニュースなどでも話題になった「悪質リフォーム詐欺」の被害に遭遇しないためにも、ある程度の知識を身に付けておくことも必要でしょう。
一般社団法人住宅リフォーム推進協議会(各都道府県にある)では、ホームページで様々な情報を提供したり、セミナーの開催などを行っています。
また、様々な相談に対応してくれる「相談窓口」(全国)も紹介もしています。

話題になっているリフォーム、ここのホームページが手軽で便利です

Copyright (C)2016中古で買ったこのおうち、全面リフォームでどう変わる?.All rights reserved.